早稲田通り心のクリニック

USPT


Unification of Subconscious Personalities by Tapping-therapy

近年,解離性同一性障害(以下DID)が広く認知されるようになってきた。

2005 年の第101回日本精神神経学会において,DIDでは両膝への左右交互のタッピングという手技を用いることによって,交代人格を引き出すことは容易に出来 ることを報告した。これは,DIDと気付かなかった患者にEMDRを施行していた際,突然解離して交代人格が出現したのをきっかけに,EMDRと同じ効果 があると故崎尾英子氏にEMDRセミナーで教示されたタッピングでも人格交代を促せるのではないかと考え多数の患者に使用してきた経験をまとめたものだっ た。

当時は解離性健忘を伴う典型的なDID症状の患者だけにタッピングを行っていたのだが,その後,解離性健忘は見られないが 幼少期における何らかの問題が疑われる患者に試してみたところ,予想外に非常に多数の患者から交代人格が表出してくることを経験した。典型的なDIDとの 違いは,交代人格が顕在化するか,普段は潜在しているかということだけにあり,精神状態は近似しているので,潜在しているDIDを「内在性DID」と仮に 名付けて患者には説明している。これらの人格を「両膝への左右交互のタッピング」で呼び出し,「肩甲骨付近へのタッピング」で統合すると,内面的な気づき が促され,さらに,苦痛を伴う過去の感情から自由になることにより患者の気分を即効的に楽にすることができる。

このように潜在意識に働きかけ治療することは,EMDRと同様にトラウマの根本治療になりうると考えられる。このUSPT(Unification of Subconscious Personalities byTapping Therapy)と名づけた方法は,2007年の第103回日本精神神経学会で発表した。

USPTに興味のある方はUSPT研究会のHPをご覧ください。 

inserted by FC2 system